石橋訪ねて里巡り

アクセスカウンタ

zoom RSS 大肥橋と小月橋

<<   作成日時 : 2017/03/05 10:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日、孫の初節句で、福岡の原鶴温泉に行ってきました。
筑後川沿いに個性豊かな宿が13軒ほどがあり、正面に耳納(みのう)連山、眼下に筑後川の清流を眺望できるホテルでした。
原鶴温泉は、岐阜の長良川と並んで鵜飼いが行われる温泉地としても知られています。

 宴も終わりごろになり、娘婿の親父さんに石橋の話をしたところ、近くにめがね橋があるとのこと。
宴が終わり、孫もそっちのけで、早速案内していただきました。
最初は、「大肥(おおひ)橋」橋長:27.6m、橋幅:4.6m、径間:22.5m、拱矢:4.7m、架設:明治32年(1899)
画像




夜明三叉路東側、大肥川に架かる現橋の すぐ上流に架かっています。
上流の左岸側に親柱がありました。
画像


次は、「小月(おづき)橋」橋長:7.1m、橋幅:3.2m、径間:5.6m、拱矢:2.4m、架設:嘉永2年(1849)

画像




橋を方々から見ていると、橋際の家からおじさんがやってきて、額を見せていただきました。何か描かれているようです。
画像


夜明関町 行徳家に残る歌詠橋の絵図で、右奥に小月橋が描かれています。
おじさん、貴重なものを見せていただきありがとうございました!
また、娘婿の親父さん、お袋さん
素晴らしい、めがね橋2基をを案内していただき、ありがとうございました♪


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大肥橋と小月橋 石橋訪ねて里巡り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる