文化財石橋技術者養成講座

今日は「文化財石橋技術者養成講座(石工養成講座)」に出席しました。
講座内容は、熊本県下益城郡美里町にある「二俣橋」の復旧現場で実習です。
場所はココです↓
工事の方は、以前来た時よりずいぶん進んでおり、今日の作業内容は、高欄の復元です。
地覆の上に束柱、その上に笠木(全て石です)を載せていきます。
私達に任されたのは、その束柱を調整するため、コヤスケ、ノミ、タタキ、ビシャン等の工具を使って平滑に削る作業でした。
現在は、それらの工具は電動式ですが、私達は昔ながらの工具を使った地道な作業でした。
少しずつし少しずつ削っていって、地覆にピタッと載った時は思わず(にこ~っと)。
先人たちが造り上げた石橋を見ると、本当に大変な仕事だったんだな~。
と、少しは分かってきて、改めて感動しました。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック